札幌近郊のお得で楽しめるホテル

旅するとき、注目するのはどこでしょう。例えば宿泊するホテルの状態、また食事のクオリティ、旅先のスポットの多さなど旅の気分を増長させるのには、それぞれポイントがあるもの。そのポイントは旅をする場所によっても変化するのではないでしょうか。
例えば北海道を旅するというとき、多くの人が意識するのは食事となるでしょう。どんな美味しいものが食べられるのか、またいつもとは違う非日常なごちそうに出会いたいと考えるのが一般的です。加えるなら地元食材を食べたいと思うもの。
ただ北海道は広い。そのため何を食べたいのかを明確にして、食べたいものの場所に向かわなければならないところでもあります。例えば新鮮な地元の海産物を食べたいと思っているときに山沿いのホテルに宿泊するとしましょう。物流が迅速に行われているので山間のホテルでも海産物は食べられます。しかし地元の海産物ではありません。小樽や函館、釧路のホテルに宿泊するほうが新鮮な海産物を食すことができるというわけです。
選ぶ場所、選び方で北海道のホテル選びは如何様にでも変化します。それは非日常を味わいたいという場合でも同じ。とくに北海道は地方ごとに持つ魅力にも違いがあります。味わいたい気分に合わせて選ぶ方がより楽しみ方も広がるということです。
こちらでは北海道の地方別の魅力と、その地方にあるホテルの特徴についてご紹介します。ご自身の気分に合わせて選ぶことでより非日常を楽しむことができるかもしれません。

広い北海道ならではホテルの楽しみ方

北海道の都市として挙げられるのは札幌ですが、それだけじゃありません。北海道の道央圏と呼ばれる石狩、後志、空知エリアは多くの魅力があり、その魅力を反映したホテルが多いことが特徴です。こちらでは道央圏の魅力、そしてホテルが影響される特徴についてまとめました。

自然を存分に満喫できるホテル

北海道の東側、十勝、釧路、根室、網走地方が所在するエリアである道東圏には、道東圏にしかない唯一無二の魅力が存分に秘められています。自然豊富というだけでなく、その魅力を知ることができる地域のホテルは、お値段以上の魅力を肌身を通して実感することができます。

歴史を感じながら楽しむホテル

明治維新後、北海道に移動してきた多くの偉人たちがいます。新たな時代を作るべく戦い、その花を散らせていった彼らの志が眠るのが道南エリア。とくにここでは渡島、桧山地方の魅力とそこにあるホテルの特徴についてまとめました。渡島、桧山地方では歴史と絶景を楽しむことができます。